フューチャーウェブ3

簡単・安心・安全の
共用レンタルサーバー

フューチャーウェブ3の
よくあるご質問

カテゴリーで選択

キーワード

WordPress(ワードプレス)からパスワード変更のお知らせというメールが送られてきたのです が・・・

WordPress Toolkit(ワードプレス ツールキット)でサイト名等の各種設定を変更した際、パスワードを変更 していない場合も、管理者メールアドレス宛てに『パスワード変更のお知らせ』 というメールが送信されます。実際にはパスワードは変更されておりませんのでご安心ください。

WEBサーバーに接続できない/できなくなった

FutureWeb3はIPS・WAF機能を搭載しており、不正アクセスと判断いたしますと接続元のIPアドレスからWEBサーバーへのアクセスが一定時間できなくなります。 特にメール設定の間違いに起因してシステム側が不正アクセスと判断して接続元のIPアドレスを遮断するケースが増えております。 急にWEBサーバーへのアクセスができなくなったなどがございましたら、以下のようなケースに相当しないかご確認くださ …more

DNS情報変更前のWebサイトの表示、及び動作確認方法を教えてください。

DNS情報変更前にコンテンツの表示確認(プレビュー)を行う場合、コントロールパネルのプレビュー機能を利用して、コンテンツをご確認いただけます。 ■プレビュー機能ご利用方法 コントロールパネルにログインします。 「ウェブサイトとドメイン」タブをクリックして選択します。 対象ドメインの「プレビュー」アイコンをクリックすると、別ウィンドウでプレビュー画面が表示されます。 ※PHPやCGI等の動的なコンテ …more

ホームページ公開用のファイルはどこにアップロードすればよいですか?

「コントロールパネル」の「ファイルマネージャ」、または、FTPソフトから「httpdocs」というフォルダ内に、対象ファイルをアップロードすることによりページが表示されます。

SSL対応のファイルはどこにアップロードすれば良いですか?

SSL対応ページと非対応ページのアップロード先は同じです。 「コントロールパネル」の「ファイルマネージャ」、またはFTPソフトにて「httpdocs」というフォルダに対象ファイルをアップロードします。 このフォルダへのアクセスは 「https://example.com/対象ファイル」 の形式でアクセスする事によりSSL暗号化通信が可能となります。 ※「http」でアクセスした場合はHTTPで通信 …more

ドキュメントルートパスを教えてください。

コンテンツ公開用のドキュメントルートのフルパスは下記のとおりです。 /var/www/vhosts/(ご契約ドメイン名)/httpdocs/ ※HTTP、SSL兼用 ご注意点として、上記フルパスはご契約の主ドメインのものとなり、マルチドメインにつきましては、マルチドメイン追加時にご設定いただいたパスとなります。 【設定例】 主契約ドメイン example.com ドメインに対し、マルチドメインとし …more

自作のCGI設置は可能ですか?

可能です。

CGIのパーミッション(属性設定)について教えてください。

ウェブサーバーがCGIプログラムとして扱うには、下記の条件を満たす必要がございます。 ・ファイルオーナーがFTPログイン名であること ・ファイルグループが「psacln」であること ・対象プロフラムファイルは所有者以外に書込権限がないこと(705や755) ・対象プログラムファイルの置かれているフォルダは705、もしくは707であること ・対象プログラムファイルの設置ディレクトリ自身も、同じ所有者 …more

サーバーに設置したCGIファイルが正しく動作しません。

CGIファイルが正しく動作しない原因は様々ですが、いくつか問い合わせの多いものを記述します。CGIファイルのディレクトリとファイルのパーミッションが755になっていない。改行コードが「LF」になっていない。(Windowsなどで使用されていなものは「CR+LF」になっていることがあります)

SSIを使えますか?

はい、ご利用可能です。

お問い合わせはこちら

御社のお悩みやフューチャーウェブ3
のご不明点や気になる点は、
サポートデスクにお問い合わせください

お問い合わせ