FUTURE MEDIAフューチャーメディア

フューチャースピリッツの動向やお客様の導入事例など最新情報をお届けします

bg

2023.12.19

セキュリティ情報

CentOS 7ユーザー必読!サポート終了までに知っておくべきこと

2024年6月30日にCentOS 7のサポートが終了することはご存じですか?
現在CentOS 7を使われている方は、サポート終了によって、セキュリティリスクが増加します。

サポート期間終了後もCentOS 7を利用していると・・・

新OSのサーバーへリプレースせず、サポート終了後もCentOS 7サーバーを利用された場合、OSに不具合が見つかっても、修正プログラムが提供されないため根本的な対応ができません。

その結果、以下のようなリスクが考えられます。

想定されるリスク例 影響例
・サイトの改ざんやマルウェアの設置
・アカウント情報やデータなどを不正に抜き取られる
・スパム配信などの不正行為を行うための踏み台として利用される
・攻撃によりアプリが正常利用できずサービス停止
・サイトの一時閉鎖
・運営企業の社会的信用の失墜
・売上機会の損失(ECサイト)
・情報漏えいによる見舞金などの損害賠償費用負担

セキュリティリスクを回避するには?

安全なサイト運用のためには、OSアップデートに伴うサーバーのリプレースが必要になります。
OSのアップデートは、ビジネスの成長と安全性を保つための重要なステップです。
未来に向けた準備を始めましょう。

フューチャースピリッツで提供可能な新サーバーは?

CentOS 7のサポート終了は2024年6月30日となります。
弊社で取り扱っている次世代OSは、最長で2032年までサポートが提供されています。そのため次世代OSの場合、サポートが終了するまでの間、弊社から適切な保守運用を受けることができます。

各OSのサポート期間

弊社ではCentOS 7の後継として、Linux系OSを2種類ご提供しております。

AlmaLinux 8 AlmaLinux 9
・コントロールパネル「Plesk Obsidian」
・カーネルバージョン「Linux 4.18.0」 
・ウェブサーバーのバージョン「Apache 2.4」 
・メールサーバーのバージョン「Postfix 3.5」 
・メーリングリストのバージョン「mailman 2.1」 
・FTPサーバーのバージョン「proftpd 1.3」 
・Perlのバージョン「5.26.3」 
・PHPのバージョン「7.4」 
・MariaDBのバージョン「10.3」 
・PostgreSQLのバージョン「10.17」 
・コントロールパネル「Plesk Obsidian」
・カーネルバージョン「Linux 5.14.0」 
・ウェブサーバーのバージョン「Apache 2.4」 
・メールサーバーのバージョン「Postfix 3.5」 
・メーリングリスト: なし
・FTPサーバーのバージョン「proftpd 1.3」 
・Perlのバージョン「5.32.1」 
・PHPのバージョン「8.0(標準)」「8.1」 
・MariaDBのバージョン「10.5」 
・PostgreSQLのバージョン「13.11」 

 

上記2種類のOSをご提供可能ですが、OSによって提供可能なPHPバージョンが異なります。

AlmaLinux 8 AlmaLinux 9
OSサポート期間 2029年3月 2032年5月
PHPサポート期間 PHP7.4  2029/05サポート終了  PHP8.0  2032/05サポート終了 

※サポート終了時期は変更される場合がございます。
※PHPについて最新版をご希望の場合は別途ご相談ください。

どうしてもリプレースできない場合は?

2024年6月30日までに新OSへのリプレースが必要だとお伝えしてきましたが、「移行が間に合わない」「サーバー上のシステムの都合でリプレースできない」など、どうしてもリプレースができない場合もあると思います。そのような場合は、セキュリティ対策として「C1WS」を導入することをおおすすめいたします。


「C1WS」とは、クラウド管理型の総合サーバーセキュリティサービスです。その「C1WS」の機能の1つに「仮想パッチ」というものがあります。「仮想パッチ」は、 提供元のトレンドマイクロ社が更新したポリシーを自動適用することにより、OS提供元に代わる疑似的なパッチが適用できる機能となります。この「仮想パッチ」を利用することで、サポートが終了してしまったCentOS 7の脆弱性対策を行うことができます。
フューチャースピリッツでは、この「C1WS」の導入も承っております。詳細やお問い合わせは下記よりご確認ください。

C1WSのお問い合わせはこちら

サーバーリプレースの方法について気になる方はお気軽に相談ください

OSの変更を伴うサーバーリプレースに関しては、プログラムの変更が必要な場合もあります。
弊社では、サーバーだけでなくサイトのリニューアルなどWeb制作も承っておりますので、Webサイトに関することであれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。

\個別相談も無料です/

お問い合わせはこちら

記事の一覧を見る 戻る

お問い合わせはこちら

ご不明点や気になる点は、
サポートデスクにお問い合わせください

お問い合わせ