FUTURE MEDIAフューチャーメディア

フューチャースピリッツの動向やお客様の導入事例など最新情報をお届けします

bg

2023.07.28

便利な機能

Plesk活用ガイド: FTPクライアント不要でファイルマネージャーを使用したWebサイトの公開方法

はじめに

Webサイトを公開するためには、まずHTMLファイルやPHPのWebアプリケーションを作成します。その次のステップは、作成したコンテンツをWebサーバーにアップロードする必要があります。一般的には、FTPクライアントなどを使用してコンテンツをWebサーバーにアップロードします。
しかし、Pleskには「ファイルマネージャー」という便利な機能があります。この機能を使用すると、FTPクライアントのダウンロードやインストール、FTP情報の入力といった手順が不要になります。
今回は、このPleskの「ファイルマネージャー」機能を活用してWebサイトを公開する方法を説明します。 その他にもアップロードしたコンテンツの削除や、コンテンツのアクセス権限を指定できるパーミッション設定などの方法も、合わせて説明します。

FTPとは

まず、「FTPって何ですか?」という方もいるかもしれません。FTPは「File Transfer Protocol」の略であり、ファイルを転送するための通信規格です。FTPはPCクライアントとサーバー間でファイルのアップロードやダウンロードを行う際に使用されるプロトコルです。

転送モード

FTPには、アクティブモードとパッシブモードの2つの転送モードがあります。それぞれの転送モードには、FTPプロセスの種類が関連しています。

アクティブモードは、サーバー側からクライアント側にデータ転送用の通信を確立するモードです。つまり、サーバーがクライアントにデータを送信するためにコネクションを確立します。

一方、パッシブモードは逆で、クライアント側からサーバー側にデータ転送用の通信を確立します。つまり、クライアントがサーバーにデータを送信するためのコネクションを確立します。

プロセス

FTPには2つの重要なプロセスがあります。1つは「PI」(Protocol Interpreter)またはコントロールコネクションと呼ばれるもので、ユーザーからの指示や命令をプロトコルに翻訳する機能です。もう1つは「DTP」(Data Transfer Process)またはデータコネクションと呼ばれ、データを送信するための通信経路です。

ポート番号

アクティブモードとパッシブモードでは、コントロールコネクションとデータコネクションのポート番号に違いがあります。それぞれのモードにおけるポート番号を、以下テーブルに整理します。

アクティブモード パッシブモード
コントロールコネクション 21 21
データコネクション 20 ランダム ※サーバー側で決める

 

これらのモードとポート番号の組み合わせによって、FTPにおけるデータの転送が行われます。

 

FTPクライアント

FTPサーバーにファイルをアップロードするためには、FTPクライアントと呼ばれるソフトウェアを使用します。インターネット上には無償のFTPクライアントのソフトウェアがたくさん存在します。例えば、WinSCPやFileZillaなどがあります。

ただし、多くのFTPクライアントはサードパーティのソフトウェアであり、安全性のリスクが存在する場合があります。そのため、Pleskの「ファイルマネージャー」機能を使用すればFTPクライアントを必要とせず、リスクの心配が不要です。

『FTPクライアント「WinSCP」』

「ファイルマネージャー」機能を使用した、コンテンツのアップロード方法

1. ユーザー名とパスワードを入力して、Pleskにログインします。

 

2. 公開したいWebサイトのメニューから「ファイルマネージャー」を選択します。

 

3. ドメインやサブドメイン毎のドキュメントルートを確認します。
例えば、ドキュメントルートが「/var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs/」の場合は、「httpdocs」のフォルダにファイルコンテンツをアップロードする必要があります。次に、「アップロード」ボタンを選択します。
サブディレクトリを作成したい場合は、「新規」ボタン(青マーク)をクリックして作成できます。

 

4. アップロードしたいコンテンツを選択してアップロードします。以下の例では、index.htmlをアップロードしています。

 

5. index.htmlのファイルのアップロードが完了しました。ドキュメントルート直下のindex.htmlは通常、Webサイトのホームページとなります。

 

6. サイトを確認したい場合は、左側のタブから「ウェブサイトとドメイン」をクリックしてPleskのホーム画面に戻ります。その後、「開く」ボタン(赤マーク)をクリックします。

 

7. index.htmlのコンテンツが表示されます。

 

「ファイルマネージャー」機能を使用したコンテンツのパーミッション設定方法

1. 変更したいファイルやフォルダのパーミッションを選択して、右のボタンにクリックするとメニューが出ています。その中に「パーミッション変更」を選択します。

 

2. 変更したいパーミッションを設定できます。
この例では所有者が読み取り(r)と書き込み(w)のパーミッションを付与します。グループとその他のパーミッションは読み取り(r)のみ設定します。こちらのパーミッションは「rw-r--r--」の記号で表示されます。
設定が完了すれば、「適用する」ボタンを押すとパーミッション変更が完了します。
「OK」ボタンをクリックするとファイルマネージャーに戻ります。

 

3. ファイルマネージャーにファイルのパーミッションが確認できます。

 

「ファイルマネージャー」機能を使用した、フォルダディレクトリの作成方法

1. ファイルマネージャーの「新規」ボタンを選択し、「ディレクトリを作成」をクリックします。

 

2. ディレクトリ名を入力します。

 

3. 新規フォルダディレクトリを作成しました。この例では「example」というフォルダ名を作成します。

「ファイルマネージャー」機能を使用した、ファイルやディレクトリを削除する方法

1. 削除したいファイルやディレクトリをそれぞれ左のチェックマークをチェックし、「削除」ボタンをクリックします。

 

2. 「はい」を選択します。

 

3. 選択したファイルやディレクトリを削除しました。

最後に

Pleskの「ファイルマネージャー」機能を使用すると、FTPクライアントのインストールやFTPログイン情報の入力などは不要で、Webサイトのコンテンツを簡単にアップロードや削除、パーミッション変更することができます。Pleskの使いやすいユーザーインターフェースは、初心者にとって非常に便利です。

記事の一覧を見る 戻る

お問い合わせはこちら

ご不明点や気になる点は、
サポートデスクにお問い合わせください

お問い合わせ