FAQよくあるご質問

bg

2016.12.29

Web

WEBサーバーに接続できない/できなくなった

FutureWeb3はIPS・WAF機能を搭載しており、不正アクセスと判断いたしますと接続元のIPアドレスからWEBサーバーへのアクセスが一定時間できなくなります。 特にメール設定の間違いに起因してシステム側が不正アクセスと判断して接続元のIPアドレスを遮断するケースが増えております。 急にWEBサーバーへのアクセスができなくなったなどがございましたら、以下のようなケースに相当しないかご確認ください。


設定の間違いに起因して不正アクセスと判断されるケース: 1.メールアカウントのID、パスワードの指定に間違いがあり、メール受信時の認証でエラーになる 2.メール送信時の認証設定がされておらず、メール送信時にエラーになる 3.ご契約ドメイン宛にメールを送信される際、宛先アドレスに間違いがありエラーになる


不正と判断された接続元IPアドレスは、一時的にアクセスができなくなりますが、お客様にてメール設定の間違いを解消いただいた上、時間をあけていただくことでアクセスができるようになります。

戻る

お問い合わせはこちら

ご不明点や気になる点は、
サポートデスクにお問い合わせください

お問い合わせ