フューチャーウェブ プロ/VPS

手厚いサポートで安心運用の
専用サーバー&仮想専用サーバー

フューチャーウェブ プロ/VPS

手厚いサポートで安心運用の
専用サーバー&仮想専用サーバー

メールの添付ファイル、メール本文内のURLを安全に展開

標的型攻撃メール対策サービスは、クラウド上のサンドボックスと呼ばれる仮想環境で標的型攻撃メールから守る、メールセキュリティサービスです。不審な添付ファイルやメール内URLをサンドボックスで、実行解析して危険を回避。悪意のあるサイトにアクセスがある場合、警告ページが表示されアクセスをブロックします。

標的型攻撃メール対策の必要性とは

特定の法人組織に絞ってメールなどでサイバー攻撃を仕掛ける「標的型攻撃」。
その多くがメールを利用して行われるため「標的型攻撃メール」「標的型メール攻撃」と呼ばれます。

標的型攻撃メールは、不特定多数の対象にばらまかれる通常の迷惑メール
(コモディティ化した攻撃)とは異なり、対象の組織から重要な情報を窃取する事を目的としているため、手口も年々高度になってきています。

標的型攻撃メールやゼロディ攻撃はコモディティ化した攻撃より発生頻度は圧倒的に少ないですが、
発生すれば重大な損害になりやすいです。

たった1台のパソコンでも、ひとたび感染すれば社内ネットワークを通じて、
被害が広がってしまう恐れがありますから、企業として標的型攻撃メールに対策することは
重要事項といえます。

標的型攻撃メール対策サービスは、このような標的型攻撃メールやゼロディ攻撃に対応した
メールセキュリティ強化サービスです。

攻撃への対策 1 
添付ファイルのサンドボックス機能

普通の業務メールに見せかけた悪意あるメールを送りつけて、そのメールに添付しているファイルをクリック、または実行させてマルウェアに感染させる攻撃に対応する機能です。 サンドボックス機能では、隔離されたクラウドの中で、未確認のファイルや疑わしいファイルを動作して動きに異常がないかを分析します。シグニチャで対応できない新種のマルウェア、ゼロディ攻撃などへの対策が可能です。

  • ①シグニチャ型ウィルスチェックでウィルスでは無いと判定された添付ファイルをクラウド上にあるサンドボックスへ送信します。
  • ②サンドボックスにて添付ファイルを実際に開いて、その挙動を分析します。
  • ③ウィルスと判定 :メールを削除します。
       ウィルスではない:ユーザーのメールボックスにメールを配送します。

攻撃への対策 2 
URL Defence機能

悪意あるWebサイトへのアクセスを防ぐため、受信したメール本文にURLリンクがあればいったんURLを書き換えます。メール本文内の書き換わったURLリンクをクリックすることでサンドボックスに接続し、サンドボックス内で、そのURLリンクの危険性を検証し、脅威であると判断した際は、アクセスをブロックします。

  • ①メール本文のURLをエンコードして、クラウド上にあるサンドボックスのURLに書き換えます。
  • ②メール受信者が、パソコンからメール本文のURLをクリック。
  • ③サンドボックス上で、URLエンコードを解凍して、書き換え前のURLにアクセスして、その挙動を分析します。
  • ④悪意あるサイトと判断 :Webサイトへのアクセスをブロックします。
  • ⑤悪意あるサイトではない:パソコンから本来のURLに直接アクセスします。

セキュリティ強化のポイント

一般的にアクセス時間により悪意あるサイトに変貌するケースが多く、対策が必要です

  • ①特定の法人組織に絞って「標的型攻撃メール」開始
  • ②メールを受信した時には、メール本文に記載されるURLは、いくら調べても「正しいWebサイト」なので、チェックにはひっかからない
  • ③就業開始時間に、メールを開いたときには、悪意のあるサイトに変貌し、ウィルスに感染

URL Defence機能では、メール本文のURLリンクへアクセスするタイミングでのチェックしますので、
悪意あるサイトをブロックします。

標的型攻撃メール対策サービスの料金プラン

マネージドVPS (仮想専用サーバー)

V1

初期費用 20,000
月契約 21,500

マネージドVPS (仮想専用サーバー)

V2

初期費用 20,000
月契約 26,500

マネージド専用サーバー

M1

初期費用 98,000
月契約 45,000

マネージド専用サーバー

M2

初期費用 148,000
月契約 75,000

オプションサービス

標的型メール対策サービス
(50メールアドレス)

初期費用 5,000+消費税
月額費用 2,500+消費税

フューチャーウェブ プロ / フューチャーウェブ VPSシリーズ について詳細はこちら

ご利用にあたっての注意事項

  • 1.本オプションのご利用にはフューチャーウェブ プロ / フューチャーウェブ VPSシリーズのご契約が必要になります。
    お客様が作成された総メールアドレス数分のお申込みをお願いします。
  • 2.基本契約で50メールアドレスまで本オプションが利用可能です。追加は100メールアドレス単位で増やしてご利用いただくことが可能です。
    初回お申込み時は、お客様が作成されている総メールアドレス数分のお申込みが必要となります。
  • 3.ご請求に関して、例えば月中にメールアドレスを追加作成して合計80メールアドレスとなった場合、100メールアドレスが追加され翌月以降は150メールアドレスとしてご請求させていただきます。
  • 4.メールアドレスを削除してメールアドレス数がご契約数の下回る場合は、減数申請をお願いいたします。
    例えば、150メールアドレスのご契約中に、メールアドレスを削除してメールアドレス数の総数が50メールアドレスとなった場合、100メールアドレスの減数申請をいただくことで、更新契約以降50メールアドレスとしてご請求いたします。
  • 5.URL Defence機能は、メール本文中に記載されているリンクURLが書き換わりますので、ご注意ください。

標的型攻撃メール対策サービスの
よくあるご質問

標的型攻撃とは何ですか?

特定の組織内の情報を狙って行われるサイバー攻撃です。コンピュータウイルスが添付された電子メールや、悪意あるサイトに誘導するリンクを貼った電子メールを送ることなどによって攻撃が開始されます。

サンドボックスとは何ですか?

サンドボックスとは、未知の不正ソフトウェアや悪意あるリンクWebサイトであっても他に影響を受けない仮想領域で実際に動作させる事で悪影響の有無を確認・検出する機構です。 今まで出来なかったリンクWebサイトの検証や、通常のメールウィルス駆除では検出できない未知の不正ソフトウェアについて、サンドボックスを用いる事で検出する事が可能となりました。

メール本文内にある見知らぬURLリンクをクリックしてしまいました問題ありませんか?

お客様がURLリンクをクリックしたタイミングで、サンドボックスで検証を行います。もし悪意あるサイトであった場合はお客様のパソコンにアクセスをブロックしたメッセージが表示されます。悪意あるWebサイトではなかった場合のみWebサイトが表示されます。但し、100%ブロックできるものではありません。

メールアドレス毎に機能の有効・無効を選択することはできますか?

できません。お客様が作成されている全てのメールアドレスで本機能が有効となります。

URLのサンボックス機能を無効にしたいのですが可能ですか?

可能です。お申込時にご指定いただくか、ご利用中の場合はメールにて有効・無効のご指定をください。

MORE

無料相談はこちら

御社のお悩みやフューチャーウェブ プロ/VPSのサービスに関するご質問など、
まずは気軽にお聞かせください。

無料相談