FUTURE MEDIAフューチャーメディア

フューチャースピリッツの動向やお客様の導入事例など最新情報をお届けします

bg

2024.02.15

用語解説

クラウドリフトとクラウドシフトの違いは?それぞれのメリットも解説

ビジネスの世界では最近よく「クラウド化」や「DX化」などを耳にする機会が増えてきたと思います。そこで今回は、サーバーをクラウド化する「クラウドリフト」・「クラウドシフト」について、それぞれのメリットや違いからわかりやすく解説いたします。

目次

「オンプレミス」と「クラウドコンピューティング」

まず「クラウドリフト」や「クラウドシフト」について解説する前に、「オンプレミス」「クラウドコンピューティング」について解説いたします。

オンプレミスとは、システムを動かすのに必要なサーバーやネットワーク機器を、自社で購入して管理、運用する方法のことを指します。自社で全てコントロールできるため、柔軟性が高いのが特徴です。

クラウドコンピューティングとは、クラウドサービスを提供している企業からインターネットを通じて、サーバーやストレージ、データベースなど様々な機能を利用する方法のことを指します。そのためクラウドコンピューティングはオンプレミスと違い、自社でサーバー機器などを購入する必要はありません。インターネットでスピーディーに必要な分だけ機能を利用できるのがクラウドコンピューティングの特徴です。

クラウドリフトとは?

クラウドリフトとは、既存のシステムやアプリケーションはそのままで、オンプレミス環境からクラウド環境に移行することを指します。
クラウドリフトのメリットは、移行の速さが速い点です。既存のシステムやアプリケーションをそのまま移行するため、スピーディーに移行できます。
一方、デメリットとしてはクラウドに移行してもシステムは既存のままなので、クラウドのポテンシャルを最大限活用できない場合があります。また、ずっと既存のシステムで使い続けられるわけではないので、いずれはシステムの改修などが必要になってきます。

クラウドリフトのイメージ図

 

クラウドシフトとは?

クラウドシフトとは、既存のシステムやアプリケーションを改修や新たに構築してオンプレミス環境からクラウド環境に移行することを指します。
クラウドシフトのメリットは、柔軟性の向上とセキュリティ強化が挙げられます。クラウド環境に合わせて、システムを改修したり新たに構築したりするため、クラウド環境を最大限に活用でき、柔軟性が向上します。特にサーバー台数の増減などが可能なように改修・構築すれば、急なアクセス増加にも対応できるようになります。また、オンプレミス環境からクラウド環境に移行することで幅広いセキュリティ対策が導入でき、セキュリティ強化も見込めます。
一方、デメリットとしてはサーバー環境の移行だけでなく、システムの改修などが必要になるため移行に時間とコストがかかります。

クラウドシフトのイメージ図

 

クラウドリフトとクラウドシフトの違い

クラウドリフトとクラウドシフトの主な違いは、移行する際にシステムやアプリケーションを再設計するかどうかです。
単に既存のシステムをそのままクラウドに移行するのか(クラウドリフト)、クラウド環境に合わせてシステムやアプリケーションを再設計するのか(クラウドシフト)がそれぞれの違いとなります。

まとめ

クラウドリフトとクラウドシフトについてそれぞれのメリットから違いまで解説いたしました。
スピーディーなクラウド移行が必要な場合はクラウドリフト、時間やコストがかけられる場合はクラウドシフトなど、状況に応じてどのようにクラウド移行を進めるか判断する必要があります。

ただ、クラウド移行をする際にどのように進めればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
フューチャースピリッツでは、クラウドリフトやクラウドシフトなど、クラウド環境への移行サポートを行っております。今のサーバー環境の状況がわからない、長年管理が出来ていないシステムがあるなどの場合でも、今のサーバー環境の調査からクラウド移行、システム改修まで幅広く承っております。

クラウド移行をご検討されている方は、ぜひお気軽に下記よりお問い合わせください。

 

クラウド移行のご相談はこちら

記事の一覧を見る 戻る

お問い合わせはこちら

ご不明点や気になる点は、
サポートデスクにお問い合わせください

お問い合わせ